社内制度

TOP > 社内制度 > 人事評価

あらゆる面において「公平性」を大切にしています。
ロゴスウェアの評価制度における”公平性”とは、評価基準が明確であること、評価決定にはいくつもの視点を反映させること、社員本人が納得できるものであること、です。


Performance Review

パフォーマンスレビューとは、ロゴスウェアの人事評価制度の総称です。
スピード重視のロゴスウェアでは、パフォーマンス・レビューは四半期ごとに行われます。従って、報酬額の変更やボーナスの支給も四半期です。
評価は、「行動と成果」、「今四半期中に改善・向上した領域」、「次の向上・改善を要する領域」で記述されます。価値観を重視するロゴスウェアでは、行動は、価値観に照らし合わせて評価されます。
また、パフォーマンス・レビューを書いたり配布したりするにあたって、各社員との1on1が実施され公平性に努めています。


グレード制

報酬体系に導入されている制度です。グレード表が公開され、そこには、グレードごとに、期待される行動内容や影響を及ぼすべき範囲が記載されています。期待される行動は、7つの価値観ごとに、各グレードではどのように振る舞うべきかが記述されています。たとえばチャレンジして失敗したとしてもそのチャレンジしたという行動が評価されるということです。


OAP(Observation, Appraisal Promptly)

一緒に働く仲間のよい行動を観察したら毎日即座に投票できるシステムです。 一定のルールをクリアすると、獲得した投票ポイント数に応じた昇給額が給与に加えられます。ロゴスウェアは、組織図上のグループではなく、ミッションと目的を共有した職種横断的チームが仕事の中心になります。チームメンバーが仲間を互いに認め合うことで、チームをより機能的にすることを目指しています。


1on1

いつでも・誰とでも・何についてでも、1対1で話し合える制度です。通常は、直属の上司とのミーティングですが、他の部署のマネジャや他のプログラムリーダー、あるいは社長と、1on1を設定することも可能です。
自ら議題を決め、資料の準備をし、1on1を申し込むことができます。目標設定や、進捗報告、評価のフィードバックなどにもこの制度が使用されます。自ら考え状況を判断し率先して行動するという行動哲学を反映した制度になっています。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>