社内制度

TOP > 社内制度 > 人材育成

ロゴスウェアの社員教育におけるコンセプトは次の2つです。

  1. 社員の自律的な学びを支援するものであること
  2. グローバル時代に対応するためのスキルを習得するものであること

会社は社員に、いつでも何かを学ぶことができる環境・機会を提供しなくてはならないと考えています。そのために、正しい価値観と適切な権限と責任を与えると同時に、知識資本の蓄積を行い組織的学習にも取り組んでいます。


LU (LOGOSWARE University)

LUとは、ロゴスウェアの社内教育制度の総称です。講義研修型、eラーニングでのオンライン学習型、読書議論型の3つが用意されています。
ロゴスウェアの価値観や文化、働き方、組織の運営方法などが学べるコンテンツなどがあり、さらには、グローバル時代に対応するためのスキル習得研修まであります。技術・ビジネスに関する専門性と幅広い知識を得る活動も推奨されています。

読書議論型の概要をムービーで見る


LOGOSWARE BOOKIE

BOOKIEとは、自己学習のために会社負担で書籍を購入することができる制度です。
新しい技術や新たなビジネスモデルが次々に生まれてくる変化の激しい業界の中で仕事をしているロゴスウェアでは、常に学習が必要です。
社員自らの学びへの好奇心を支援するために存在します。すべての社員は、学びたい分野の書籍があればそれらを購入するための権利を得ることができ、深い専門性と幅広い教養に触れることができます。


学習コミュニティ

所属部署等に制限されず、共通の学習意識を持った人たちが自発的に集まり、「学習を伴う実践」を行う場として存在しています。例えば、やる価値のあるタスクではあるが、充分な知識を備えていないためにすぐに実行に移せない、且つ、緊急性を要しないためにどうしても先延ばししてしまうような事項を、複数人でやり方を学習しながら、同時に仕事の実践もすることを目的としています。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>