社内制度

TOP > 社内制度

ロゴスウェアの社内制度

ロゴスウェアでは、「最高に働きがいのある職場(Great Place To Work、GPTW)」の実現に向けて真剣に取り組んでいます。そのためには、表面的な働きやすさではなく、もっと人間が心の中に根源的に持っている満足感を満たすさまざまな制度が必要だと考えます。
最高に働きがいのある職場(Great Place To Work、GPTW)」の実現に向けた、ロゴスウェアの社内制度をご紹介します。


組織活性

ロゴスウェアでは、働くすべてのスタッフに向けてさまざまな活動や仕組みを用意しています。組織が活性化するような良い制度があればあるほど、働くということについて社員それぞれが本来持っている満足感や充実感を呼び覚まし、それらを満たすことができます。ロゴスウェアで仕事をしていくうちに、いつのまにか、表面的でなくもっと高いレベルでの「働きがい」を実感できるようになります。

人事評価

「公平性」を大切にしています。
ロゴスウェアの評価制度における公平性とは、評価基準が明確であること、評価決定にはいくつもの視点を反映させること、社員本人が納得できるものであること、です。具体的には、評価割合は行動と結果が半分ずつであったり、マネジャが他のスタッフにも社員の活躍をヒアリングしたり、評価時期には必ず面談がセットされ社員本人へのフィードバックが行われるなど、です。

人材育成

ロゴスウェアの社員教育におけるコンセプトは2つあります。
1つめは、社員の自律的な学びを支援すること、2つめは、グローバル時代に対応するためのスキルを習得すること、です。

会社は社員に、いつでも何かを学ぶことができる環境・機会を提供しなくてはならないと考えています。そのために、正しい価値観と適切な権限と責任を与えると同時に、知識資本の蓄積を行い組織的学習にも取り組んでいます。

福利厚生

ロゴスウェアでは会社と社員のパートナーシップに重点を置いています。 お互いが協力して共通のミッションを達成するために、そして、 全てのステークホルダー(顧客、社員、株主)を幸福にするために、会社というものは存在します。 ロゴスウェアのように、進化した組織・進化した働き方を求める場所では、進化した福利厚生も必要だと考えています。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>